新春インタビュー 里山社 清田麻衣子さん

新年あけまして、おめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

さて、昨年末にお聞きした里山社の清田麻衣子さんのインタビューをご紹介したいと思います。

というのも、オチャノマート的に、
みなさんにぜひ見て欲しいドキュメンタリー映画があったのです。
佐藤真監督の『まひるのほし』と『花子』という映画です。どちらも、障害者のアートをテーマにしています。
何よりいいと思うのは見守っている親御さんや施設の先生の雰囲気です。
あたたかく、優しく、生徒が作りたい作品にそっとよりそっているのです。
一人一人が尊重されている感じが画面から伝わってきます。
そして、佐藤監督にも障害者のアートを優しく見守る目線があったから、
温かい雰囲気を感じ取り写し取ることができたと思います。
しかし残念ながら、その佐藤監督は2007年に亡くなられました。
たくさんのすばらしい作品を残されたドキュメンタリー映画作家でした。
その佐藤監督の作品を風化させてはいけない。今の時代にこそ佐藤真監督のような視点が必要だという想いで
『日常と不在を見つめて〜ドキュメンタリー映画作家 佐藤真の哲学〜』という本を作ったのが、
里山社の清田麻衣子さんです。

前置きが長くなりましたが、ぜひこの本をみなさんに読んでもらい、
佐藤監督の作品を一つでも見てもらえたらと思い清田さんにお話をお聞きしました。
また、過去の出版作品や、最新刊、“山田太一セレクション”についても
たくさんお話いただきました。

ぜひ、こちらからご覧下さい。

satoyama_n1a2519satoyama_n1a2524

THE TOKYO ART BOOK FAIR 2016最終日無事に終えました!

THE TOKYO ART BOOK FAIR 2016最終日無事に終えました。
オチャノマートおよび、白井裕子のZINEを買っていただいた皆さま、
本当にありがとうございました!
とても嬉しかったです。
そして、編集者の都築響一さんにオチャノマートを
買っていただけたのは、やはり嬉しかった!

出会ったみなさんにも、お世話になりました。
ありがとうございました。

今後ともオチャノマートをよろしくお願いします!

img_0670
img_0672

THE TOKYO ART BOOK FAIR 2016 にオチャノマートが出展します!

THE TOKYO ART BOOK FAIR 2016
にオチャノマートが出展します!

●日時:9/18sun(12:00-20:00) 9/19mon(11:00-19:00)
●場所:京都造形芸術大学・東北芸術工科大学 外苑キャンパス
●ブース:F-11です。

連休は雨みたいですが、行くだけの価値はあります。
たくさんの面白いアートブックがそろっています!
ご興味のある方は、ぜひ足を運んでみてください!

http://tokyoartbookfair.com/

2015-tabf 昨年の入口の様子

 

引地渉さんのインタビューを公開しました。

恩田陸さんや、森博嗣さん、森鴎外などの数々の有名作家の書籍の表紙絵を手がけられた引地渉さん。紙にまつわるアーティストのコーナーでは、その引地渉さんのインタビューが掲載されています。webでも一部を公開しましたので、ご興味のある方はぜひご一読ください!

 

今回の特集は『紙で作る』です!

今回の特集は『紙で作る』です!
子ども達の作品が元気があっていいものがそろいました。
冊子の中でも書きましたが、
子どもは無意識、無自覚ですばらしい作品をつくれるのがすごいですよね。
子ども達の自由さがうらやましくなるときがあります。
「ワイワイ!紙のお面でパティー」では、
みんな個性的で楽しいお面を作ってくれました。
「染め物パラダイス」でもカラフルな作品がたくさんできました。
試行錯誤しながら素敵な作品を提供してくれた、
子ども達に感謝したいと思います。
ぜひ、じっくり作品を見てください。

その他にも、
紙のコラージュ作品を作るイラストレーターの引地渉さんや
有名アーティストのサポートで活躍されながら、
小学校で子ども向けにコンサートなどもされている、
ピアニストの扇谷研人さんの
インタビューもあります。

他の記事についても、
随時、こちらで紹介していきたいと思っています!

通販は申込いただいても大丈夫です。

店頭販売はこれから、納品するのでもう少しお待ち下さい。

ocmvol4-P3

白井裕子が19日よりPoetry展vol.5に参加しています!

白井裕子が19日よりPoetry展vol.5に参加しています!

「Poetry展vol.5 詩によりそう」

7月19日(火)〜 24日(日)
12:00〜19:00
(最終日17:00まで)
ダズルギャラリーにて


参加作家:
石川ゆかり 柿崎えま  さいとうかこみ 白井裕子 高杉千明 むらもとちひろ
詩:平岡淳子

詩人平岡淳子さんから一篇の詩が提供され、6名のイラストレーターが描き、
その絵から次の詩が読まれ、それをまた描き、、、と、往復書簡のように詩と絵が折り重なってゆきます。
6名それぞれに違う展開になってゆくのが見ものです。

私の作品も普段描かないような雰囲気の絵が出来上がりました。
お時間ございましたらぜひお立ち寄りくださいませ!

白井裕子は、平日は夕方ごろまで、
週末は遅めの午後から終わり頃まで在廊する予定です。

在廊予定の変更や詳細はフェイスブックページをご覧くださいませ。

yuko-03-new

少しづつですが進めております。

前回の更新を見ると、年末のあいさつ!になっていて驚きました。

 1月行く、2月逃げる、3月去るとはよく言ったもので、あっという間に今年も4分の一が過ぎてしまいました。この3ヶ月間は家族が次々と順番にインフルエンザになったり、とにかくすぐにデザインしなければならない事など、目の前のことに集中しているうちにあっという間に過ぎてしまいました。その間、オチャノマートは残念ながら手がつけられませんでした。

 インタビューをさせいただいた方々、写真やイラストでご協力いただいた方々、楽しみにしてい方々、お待たせして申し訳ありません。また、少しづつですが進めております。もう少しお待ちください。